ロゴ

いったい太陽光発電のシステムはどのような仕組みになっているのでしょうか。

HOME>>太陽光発電のシステム

太陽光発電のシステム

エコという言葉が広まって久しい昨今。
地球の環境にやさしいと言われるエコロジーという概念は、新しい商品で溢れて来ています。
そんな中でも以前から注目を集めていたのが「太陽光発電」でしょう。
太陽光発電とは太陽の光を電力に変換するというシステムですが、案外詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
一般的な太陽光発電のシステムは、「太陽電池モジュール」と「パワーコンディショナ」「接続箱」「モニター」「電力量計」で構成されています。
太陽電池モジュールとは、太陽電池単体を板のようにまとめたもので、よく屋根などに設置されています。
正確には、太陽電池モジュールを集めたもののことを「太陽電池パネル」と呼びます。
この太陽電池モジュールで発電するとうわけです。
太陽光発電の発電メカニズムは、太陽光発電モジュールに使用されている半導体に光を照射することで発電されます。
このメカニズムのことを「光電効果」と呼びます。
この光電効果によって発生した電気は、そのまま家庭で使用することができません。
これは電流が直流のためで、家庭用製品で使用するためには交流電流にする必要があります。
この交流電流にする装置が、パワーコンディショナです。
発電された電流は接続箱を経由してパワーコンディショナへ流れます。
コンディショナーの働きは自立運動機能や、通常の電力に影響を与えないためなどもあります。
ではなぜ太陽光で電気をつくることができるのでしょうか。
太陽電池内には、2種類の電気質が含まれています。
それぞれp型とn型で、太陽光を受けると、電子(−)と(+)が発生します。
そして(+)はp型半導体の方へ移動し、(−)はn型半導体の方へと移動します。
このことで光起電力が発生し、電流が生まれるというわけです。
太陽光発電は太陽の光だけで電流をつくります。
そのため光の強さが、電流の大きさに直接的に影響を与えます。
これら太陽光発電の一連の流れは、それぞれの装置によって自動的に行われます。
所有者に負担がなく、自動的に電流をつくり続けることができるというわけです。
そのため購入時の費用だけで済む、家計にとってもエコなシステムと言えます。
とはいえ、システム自体は故障することもありますから、ある程度の維持費は必要だと考えておく必要があります。
とはいえ、太陽光発電システムは、メンテナンスフリーという仕組みになっています。
メンテナンスをしなくても品質を維持できるというものです。
ですからよほどのことがない限り、それらの費用は考慮する必要はないでしょう。

Copyright (C)2017 こんな仕組で発電してます!最近の太陽光発電 All Rights Reserved.