ロゴ

補助金制度の対象となるのは太陽光発電の太陽電池モジュールが基準です。

HOME>>補助金の制度

補助金の制度

省エネ商品を対象とした補助金制度は太陽光発電にもあります。
この補助金制度は、太陽光発電システムの仕様や適合機種といった条件が設けられており、すべての太陽光発電システムが補助金の対象とはなっていません。
また、すでに設置された太陽電池システムに関しては、補助の対象外となっています。
さらに、補助金申し込みの受理決定の前に工事が開始していないことも条件です。
これから設置する太陽電池システムが補助金の対象となるというわけです。
そして補助金制度の対象となるのは太陽光発電の太陽電池モジュールが基準となっています。
太陽電池モジュールの出力合計値が10kW未満であることです。
また太陽電池モジュールの持つ性能や品質が一定期間において確保されていることも基準となります。
これは変換効率が一定であり、太陽電池モジュール認証を受けている、といった基準が設けられています。
そして太陽光発電システムの価格は1kWにつき55万円以下となっているものが基準とされています。
また、補助金制度の対象とならない太陽光発電システムとして、購入ではなくレンタルのものや養護老人ホームや公民館などに設置された太陽光発電システムなどがあります。
これらの要件は、平成24年度の住宅太陽光発電導入支援補助金の制度です。
それ以降に関しては、要項などが変わる可能性もありますから注意しましょう。
また補助金の金額は、公称最大出力によって異なります。
1kWあたりの補助対象経費が475,000円以下の場合は、1kWあたり35,000円の補助金となります。
そして1kWあたりの補助対象経費が475,001円から550,000円の場合は、1kWあたりの補助金額は30,000円となります。
計算をする場合例えば太陽光発電の公称最大出力が3800Wの場合、3.8kWとします。
そして補助対象経費が475,000円以下の場合は35,000円となり、3.8kWとかけた133,000円が補助金の金額となります。
これはもちろん目安の金額ですが、おおよそはこのような計算になっておりますので参考にしましょう。
太陽光発電システムの導入を検討している方にとって重要なのは、システム導入によってお金がどのように動くかということです。
金銭的メリットが想定できないのであれば、エコ的な概念を持たない限り、太陽光発電システムの導入はお薦めが難しいです。
やはり金銭的メリットが存在することが想定できてこそ、太陽光発電システムの導入意義があります。

太陽光発電などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017 こんな仕組で発電してます!最近の太陽光発電 All Rights Reserved.