ロゴ

発電量によって太陽光発電システムを設置する前に、シミュレーションをしてみましょう。

HOME>>システムを設置のシミュレーション

システムを設置のシミュレーション

太陽光発電システムの設置をする前に、まずはどのような太陽光発電があるのか調べてみましょう。
各メーカーの扱う太陽光発電システムは、それぞれの特長を備えており、どれでも同じというわけではありません。
とりわけ、発電量は重要です。
それと同じぐらい大切なことが、太陽電池モジュールを設置する場所である自宅です。
自宅の屋根はどの方位を向いており、屋根の面積はどの程度のものか、形状上設置は可能か、といったことを確認する必要があります。
太陽光発電システムにおける方位では、南向きがもっとも望ましいとなっています。
方位によっては、発電量に大きな違いが生じますので、注意しましょう。
もちろん、太陽電池モジュールも大きなほど、発電量が多くなりますから、屋根の面積も重要です。
またこれに伴い、自宅屋根への日射を遮る建物などがないか確認をしておきましょう。
これらの条件がある程度望ましいのであれば、発電量をシミュレーションします。
これは各メーカーのホームページに設けられていますので利用しましょう。
発電量のシミュレーションでは、特に住宅のある地域が重要なポイントとなってきます。
発電量のおおよそを把握できれば、続いて、現在の光熱費を調べます。
この光熱費をいかに減額することができるかどうかが、太陽光発電システムの設置意義です。
また光熱費が大きくなる時間帯、すなわち昼間の使用電力と夜間の使用電力などに区分して、確認します。
その後は、実際に太陽光発電システムのお金に関することを確認します。
太陽光発電システムを設置する際は、国や地方自治体によって補助や融資などの支援が行われています。
金融機関や太陽光発電システムの発売をしているメーカーなども、融資の支援をしています。
こうして太陽光発電システムの投資費用を確認します。
ここまで検証した結果、太陽光発電システムを設置すると、現実には支出の方が大きくなる、というケースもあるでしょう。
エコや省エネという観点で言えば、太陽光発電システムの設置は推奨したいものです。
ですが実際に支出をするのは、いち消費者です。
地球環境という観点だけで、太陽光発電システムを推奨することはできません。
あくまでも家庭の支出が減って、家計が助かるということが前提です。
太陽光発電システムは、すべての家庭にとって望ましい結果を必ずしももたらすわけではありません。
適性によって、設置をしないという選択肢も十分考慮しておく必要があります。

Copyright (C)2017 こんな仕組で発電してます!最近の太陽光発電 All Rights Reserved.